水道水 カルキ コーヒー

水道水のカルキ臭でコーヒーの美味しさが半減してますよ?

水を飲むとき皆さんはどんな水を飲んでいますか?
日本では水道水を塩素消毒しているので、水道の水を飲んでもお腹を壊す事はほとんどありません。
ただしそのままではカルキ臭が気になる事があります。

 

日本でも地域によっては水道の水がまずいと感じるところもあれば、美味しいと感じるところもあります。
コーヒーを入れる時、使う水によってコーヒーの味も変わってしまう事からコーヒーにこだわりがある人は、水にもこだわります。
こういう時には、素材の良さを損なわないピュアウォーターがおすすめです。

 

 

アルピナウォーターは、アルプスの天然水をNASAが開発したROシステムで何十にもろ過した、不純物を一切含まないピュアウォーターを使用しています。

 

 

 

水道水のようにカルキ臭もしませんし、何重にもろ過することで水自体が溶解率に優れたものになります。
これはコーヒーを入れたとき、味・香り・濃さに違いが出ます。
同じコーヒー豆でも、水を変えるだけで味も香りも変わるなら是非試してみたいものですね。
アルピナウォーターは、サーバーにボトルをセットして使います。
1本に12リットルたっぷり入っていますし、サーバーには冷水と温水がいつでも使えるように温度設定もされているので、お湯を沸かしたり、水を冷蔵庫で冷やさなくてもいつでも好きな時に冷水や温水を使えます。
せっかくのコーヒーブレイクも、カルキ臭のせいで美味しさが半減してしまうのは残念ですね。
アルピナウォーターなら美味しいコーヒーが飲めます。

 

 

水道水のカルキ臭って、結構分かりますよね。
そんな水道水を使ってコーヒーを作ったらどうなるでしょう?
コーヒーの香り・苦味・風味が半減してしまうことはあきらかですよね。
本当のコーヒー好きなら、水道水を使ってコーヒーを作ったりしていません。
じゃあ、どういったお水を使ってるのか?それは、『天然水』です。
天然水の中でも硬度が極端に低い超軟水を使ってコーヒーを作っているんですね。
そうすることで、コーヒー本来の香りや風味をしっかりと楽しむことができます。
なので、本当に美味しいコーヒーを飲みたいのであれば、超軟水の天然水を使うべきでしょう。
あと、超軟水の天然水って、そう簡単に探すことができません。
私がおすすめしているアルピナウォーターという商品は、硬度が1.05という超軟水のピュアウォーターを定期的に運んでくれるので便利ですよ。
いつでも冷水と熱水が使えるので、すぐにコーヒーが作れるのもいいところ。ぜひ、試してみてください。